東京都生物教育研究会の研修等についてご案内いたします。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.02.17 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
2012年11月10日(土) 藤原ナチュラルヒストリー振興財団「第3回高校生ポスター研究発表」募集
公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、高校生をはじめとする若い人々にナチュラルヒストリーへの理解を深めていただくために、昨年に引き続き、高校生のポスターによる研究発表を募集いたします。応募された研究は、ポスター発表の形式で、当財団主催のシンポジウム会場で発表していただきます。また、財団による審査の上、優秀なポスターを表彰いたします。

募集する研究内容/
ナチュラルヒストリーに関する研究で高校生が主体となって行っている研究

応募資格/
高等学校に在籍する生徒。共同研究の場合も全員が高校生であること。

開催日/
2012年11月10日(土)

開催時間/
ポスター発表 14:05〜14:45
表彰式 14:45〜16:00
(13:00〜16:00 講堂でシンポジウム開催中)

開催場所/
国立科学博物館 http://www.kahaku.go.jp/
・JR「上野」駅公園口から徒歩5分
・東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩10分
・京成線「京成上野」駅から徒歩10分)

発表形態/
11月10日(土)のシンポジウムプログラム中に40分間のポスター発表時間を設けます。発表者は展示ポスターの前で解説し質問に答えます。

応募方法/
ポスター発表に応募する旨を下記の財団事務局までメールにてご連絡下さい。財団から折り返しメールを送付致しますので、発表者氏名(フリガナ)、連絡先、タイトル、研究要旨(A4一枚以内、様式自由)を書き、財団事務局から連絡されるメールアドレスに添付してください。メールの件名は「ポスター応募」と書いて下さい。

ポスターサイズ/
パネルサイズ(外枠を除く)長さ172cm 幅115cm に貼り付け可能な枚数

応募締切/
10月20日(土) ※この日までに応募する旨をご連絡ください。

審査/
財団が定める審査員若干名が最優秀賞(1件)、優秀賞(2件)を決定し、財団は賞状と記念品をもって表彰する。なお、発表者全員にナチュラルヒストリー賞を授与する。

諸注意/
シンポジウムは参加費無料です。ポスター発表にあたり旅費その他の経費は自己負担になります。ポスター発表の模様は写真撮影し、財団ホームページに掲載する場合があります。

問合せ先/
公益財団法人藤原ナチュラルヒストリー振興財団事務局
電子メール fujiwaranh@yahoo.co.jp
【2012.10.13 Saturday 19:56】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | - | - | - | - |
2012年11月18日(日) 東京生物クラブ連盟 室内実験実習講座「基礎実験の方法と実際」
東京生物クラブ連盟
室内実験実習講座「基礎実験の方法と実際」

日時/2012年11月18日(日)10:00〜16:00
場所/安田学園中学高等学校
内容/アフリカツメガエルの発生と解剖 
 ※卵割の観察、胚の観察、解剖を予定しています。
要項は、下記からダウンロードしてごらんください。
多数のご参加をお待ちしています。
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~bhs-bio/2012.html

【2012.10.13 Saturday 19:01】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | - | - | - | - |
2011年10月22日(土) 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 第2回 高校生ポスター研究発表 募集
藤原ナチュラルヒストリー振興財団
第2回 高校生ポスター研究発表 募集

藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、高校生をはじめとする若い人々にナチュラルヒストリーへの理解を深めていただくために、昨年に引き続き、高校生のポスターによる研究発表を募集いたします。応募された研究は、ポスター発表の形式で、当財団主催のシンポジウム会場で発表していただきます。また、財団による審査の上、優秀なポスターを表彰いたします。つきましては、下記の要領をご参照の上、ふるって応募ください。

募集する研究内容/
ナチュラルヒストリーに関する研究で高校生が主体となって行っている研究
応募資格/
高等学校に在籍する生徒。共同研究の場合も全員が高校生であること。

日時/2011年10月22日(土)
 ポスター発表 14:05〜14:45
 表彰式 15:45〜16:00
 シンポジウム 13:00〜16:00
場所/国立科学博物館
交通/JR「上野」駅公園口から徒歩5分
   東京メトロ銀座線・日比谷線「上野」駅から徒歩10分
   京成線「京成上野」駅から徒歩10分)
   http://www.kahaku.go.jp/

発表形態/
10月22日(土)のシンポジウムプログラム中に40分間のポスター発表時間を設けます。発表者は展示ポスターの前で解説し質問に答えます。

応募方法/
ポスター発表に応募する旨を下記の財団事務局までメールにてご連絡下さい。財団から折り返しメールを送付致しますので、発表者氏名(フリガナ)、連絡先、タイトル、研究要旨(A4一枚以内、様式自由)を書き、財団事務局から連絡されるメールアドレスに添付してください。メールの件名は「ポスター応募」と書いて下さい。

ポスターサイズ/
パネルサイズ(外枠を除く)長さ172cm  幅115cmに貼り付け可能な枚数

応募締切/10月10日(土)
※この日までに応募する旨をご連絡ください。

審査/
財団が定める審査員若干名が最優秀賞(1件)、優秀賞(2件)を決定し、財団は賞状と記念品をもって表彰する。なお、発表者全員にナチュラルヒストリー賞を授与する。
注)シンポジウムは参加費無料です。ポスター発表にあたり旅費その他の経費は自己負担になります。ポスター発表の模様は写真撮影し、財団ホームページに掲載する場合があります。

問合せ先/藤原ナチュラルヒストリー振興財団事務局
電子メール fujiwaranh@yahoo.co.jp

【2011.10.22 Saturday 14:05】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | - | - | - | - |
2010年8月20日(金) 国立科学博物館 夜の天体観望公開
 国立科学博物館 夜の天体観望公開
2010年8月20日(金)


観測できる主な天体:月、海王星、二重星、星団、星雲

時  間  19時30分頃から約2時間(晴天時)
          (受付時間:19時30分〜20時15分)

会  場     上野本館

対  象     どなたでも

備  考     夜間入館料(一般300円、小・中・高校生無料)が必要です。
             友の会会員は会員証で入館できます。(夜間入館口から入館)]

申込方法 お問い合わせは 03-3822-0111 まで
             申込は不要です
【2010.08.20 Friday 19:30】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | - | - | - | - |
2010年7月27日(火)〜29日(木) 高校生のための森と海のゼミナール
 高校生のための森と海のゼミナール「自然の中で考える環境問題と生物多様性」

子どもゆめ基金(独立行政法人国立青少年教育振興機構)助成活動(申請中)

主催/高校生のための森と海のゼミナール実行委員会(※)
日程/2010年7月27日(火)〜7月29日(木)
集合/JR外房線安房鴨川駅、JR久留里線上総亀山駅のいずれか
対象/高校生 定員15人(先着)
費用/7,000円(宿泊費、6回分の食費、保険料、テキスト料込)

内容/
東京大学千葉演習林と千葉大学海洋バイオシステム研究センターで、実験や実習を通して自然界の多様性を学ぶ。人工林と天然林の生態調査、森林に生息する野生動物の観察、海洋生物の観察と生態調査など。

申込方法/
「高校生ゼミ参加希望」と明記の上、住所・氏名・生年月日・本人連絡先・性別・高校名・靴のサイズ・保護者名と連絡先、希望する集合場所を記入し、ハガキ・FAX・e-mailのいずれかで、下記問い合わせ先へ。
     
問合せ先/
高校生のための森と海のゼミナール実行委員会
299-5503千葉県鴨川市天津770 東京大学千葉演習林内
ホームページ http://www.uf.a.u-tokyo.ac.jp/chiba/moriumi/moriumi.html
e-mail chibaen(at)uf.a.u-tokyo.ac.jp

申込期限/
7月2日(金)必着

※当実行委員会は東京大学千葉演習林と千葉大学海洋バイオシステム研究センターの教職員の有志による団体です。
【2010.07.27 Tuesday 10:00】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2010年7月24日(土) 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 高校生ポスター研究発表
藤原ナチュラルヒストリー振興財団 第1回高校生ポスター研究発表募集

藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、高校生をはじめとする若い人々にナチュラルヒストリーへの理解を深めていただくために、このたび、高校生のポスターによる研究発表を募集いたします。応募された研究は、ポスター発表の形式で、当財団主催のシンポジウム会場で発表していただきます。また、財団による審査の上、優秀なポスターを表彰いたします。
つきましては、下記の要領をご参照の上、ふるって応募ください。

募集する研究内容/
ナチュラルヒストリーに関する研究で、高校生が主体となって行っている研究

応募資格/
高等学校に在籍する生徒。共同研究の場合も全員が高校生であること。

シンポジウム開催日時/2010年7月24日(土)13:00〜16:00
 高校生ポスター発表 14:10〜14:50
 ポスター発表・表彰式 15:40〜16:00

シンポジウム開催場所/国立科学博物館新宿分室 講堂
 交通/JR新大久保駅から徒歩8分、JR大久保駅から徒歩6分。)
http://www.kahaku.go.jp/institution/shinjyuku/index.html

発表形態/
7月24日(土)のシンポジウムプログラム中に20分間のポスター発表時間を設けます。(上記日時参照) 発表者は、講堂ピロティに展示してあるポスターの前で、解説し質問に答えます。

応募方法/
発表者氏名、連絡先、タイトル、研究要旨(A4一枚以内、様式自由)を書き、財団事務局宛のメールに添付してください。メールの件名は「ポスター応募」と書いてください。

ポスターサイズ/
パネルサイズ(外枠を除く)長さ172cm幅115cmに貼り付け可能な枚数

応募締切/6月30日(水)

審査/
財団が定める審査員若干名が最優秀賞(1件)、優秀賞(2件)を決定し、財団は賞状と記念品をもって表彰する。なお、発表者全員にナチュラルヒストリー賞を授与する。

注)シンポジウムは参加費無料ですが、ポスター発表にあたり旅費その他の経費は自己負担になります。ポスター発表の模様は写真撮影し、財団ホームページに掲載します。

問合せ先/
藤原ナチュラルヒストリー振興財団事務局
電子メール fujiwaranh(at)yahoo.co.jp
【2010.07.24 Saturday 13:00】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2010年3月29日(月) ジュニア農芸化学会

ジュニア農芸化学会へのお誘い

発表日時:2010年3月29日(月)13時-15時(プログラム編成時に時間が30分前後変更になる可能性有)

開催場所:日本農芸化学会2010年度大会会場  東京大学教養学部駒場キャンパス
         駒場コミュニケーション・プラザ 北館

応募資格:高等学校生徒(例:高等学校:化学クラブ・生物クラブ・生活科学クラブ,農業・園芸関係高等学校ほか)ただし,指導の先生もかならず参加すること。

研究分野:化学,生物,環境およびそれに関連した科学研究一般


日本農芸化学会では、
例年3月末に開催する学術集会の中で、
4年前から『ジュニア農芸化学会』として、
将来のバイオ科学とバイオ技術の発展を期して、
高校生の皆さんを対象とした研究発表の場を開いています。
今回が、第5回目になります。

今回の『ジュニア農芸化学会』は、
東京大学駒場キャンパスを会場として
2010年3月29日(月)に開催いたします。
詳しいことは下記ホームページをご覧下さい。
http://www.jsbba.or.jp/event/event_junior.html

日頃の授業での課題研究、
クラブ活動や課外活動での観察や実験の成果を
ポスターにまとめて、発表されてみませんか?
ジュニア農芸化学会では、
高校生による生物と化学を中心にした
様々な研究発表がなされています。
同年代の優秀な生徒さん達が研究を介して
触れ合い、語り合うことは、
知的好奇心や学習意欲を高める良い機会にもなっています。
また、学術集会の方では、大学・研究所・企業の研究者が、
生物学・化学を基礎とした最先端の研究発表を行っており、
研究の最前線を味わっていただくこともできます。
展示会場では、
最新の研究機器を手に触れてごらんいただくことも可能です。
そして、優秀なポスター発表をされた方々には、
厳正な審査の後に、ポスター賞を贈呈いたします。

ジュニア農芸化学は、
実験や研究を身近に感じることができる絶好の機会です。

また、今回は、東京大学の駒場キャンパスが会場となるため、
東京大学の雰囲気を肌で感じ取っていただく、
またとない機会かとも思います。

高校生の皆さん、教諭の皆さん
大勢のご参加をお待ちしております。

日本農芸化学会2010大会
実行委員長
 東京大学教授 長澤寛道
ジュニア農芸化学会担当
 東京大学 久恒辰博、片岡宏誌

 

【2010.03.29 Monday 13:30】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |