東京都生物教育研究会の研修等についてご案内いたします。
 
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

【2013.02.17 Sunday 】 author : スポンサードリンク
| - | - | - | - | - |
2012年10月30日(火) くらしとバイオのイベント 「原子力研究開発機構高崎研究所」バス見学会
 くらしとバイオのイベント
「原子力研究開発機構高崎研究所」バス見学会
日時/10月30日(火)8:00〜18:00
詳細は
http://www.life-bio.or.jp/topics/topics518.html
をごらんください。
【2012.10.13 Saturday 19:02】 author : toseiken
| - | - | - | - | - |
2012年11月18日(日) 東京生物クラブ連盟 室内実験実習講座「基礎実験の方法と実際」
東京生物クラブ連盟
室内実験実習講座「基礎実験の方法と実際」

日時/2012年11月18日(日)10:00〜16:00
場所/安田学園中学高等学校
内容/アフリカツメガエルの発生と解剖 
 ※卵割の観察、胚の観察、解剖を予定しています。
要項は、下記からダウンロードしてごらんください。
多数のご参加をお待ちしています。
http://www-cc.gakushuin.ac.jp/~bhs-bio/2012.html

【2012.10.13 Saturday 19:01】 author : toseiken
| 生徒向けイベント | - | - | - | - |
2012年11月17日(土)11月25日(日) 日本生物教育会 東京大会編集部 ICT研修会 事前調査のお願い/
 日本生物教育会 東京大会編集部 ICT研修会 事前調査のお願い

日本生物教育会(日生教) 東京大会編集部では、
下記のように「中高生物に特化した、最新ICT機器展示会」を企画しております。
都立東久留米総合高校 杉山賢次先生より、業者にお声掛けをして頂きます。

しかし、ある程度人数が集まらない限り開催できないのが現状です。
どれ位の人数が参加可能なのか、事前に調査を行いたいと思います。
参加可能な方は、ご都合の良い日時をご記名の上、
10月18日(木)までにご連絡をお願いします。

日時(1)/平成24年11月17日(土)14:00〜17:00 都立文京高校にて
日時(2)/平成24年11月25日(日)14:00〜17:00 都立小山台高校にて

内容/
生物に特化した、最新ICT機器の展示・説明会を予定しております。
1.消耗品として購入可能な機器
2.手軽に授業に取り入れられる機器
3.スマートフォンなどモバイル端末を活用できるツールの紹介
4.その他
(デモ機の貸し出しも可能な場合もあります)

*今年度補正予算や来年度の予算申請のご参考になれば幸いです。
*実施可能な場合、決定した日程は後日お知らせします。
  (派遣文書は作成いたします)
*事前調査にお答えにならなくても、本番の参加は可能です。
*会場は変更になる恐れがあります。

申込・問合せ先/
都生研メール配信、文書発送などで詳細はお知らせしております
この頁をご覧になっての問い合わせは
講師・担当者個人ではなく、toseiken@jewel.ocn.ne.jp へお願いします。
【2012.10.13 Saturday 19:00】 author : toseiken
| 研修会(都生研主催) | - | - | - | - |
2012年10月13日(土) 神奈川県生物教育研究会 第2回研修会
神奈川県生物教育研究会 第2回研修会

東京大学大学院の石浦章一教授をお迎えして、
先生のご専門である最新の脳科学の知見と
高校生物教育に関するお話をして頂きます。
21世紀は脳科学の時代とも言われますので、
脳にまつわる面白い話題や高校の授業でも使える話題など、
東大の講義の中でも学生の人気が高い先生ならでは内容です。

日時/10月13日(土)15:00〜17:00(予定)
場所/神奈川県立神奈川総合高等学校
交通/東急東横線「東白楽」駅下車 徒歩3分
    JR京浜東北線・横浜線「東神奈川」駅下車 徒歩8分
    京浜急行線「仲木戸」駅下車 徒歩10分
http://www.kanagawasohgoh-h.pen-kanagawa.ed.jp/standard/anna-zu3.htm

講師/東京大学大学院総合文化研究科 石浦 章一 教授

テーマ 「最新の脳にまつわる話題と高校生物教育」

石浦先生からのコメント
高校の生物学に足りないものは、脳科学、心理学、薬学の考え方であり、
ヒトの健康についての学問を加えた「生命科学」にようやく近づきつつあるというのが現状である。
また、生命倫理学やサイエンス・コミュニケーションも大切なものであり、
人間を主体にした生命科学が生物学に取って代わろうとしている。
その中でも脳科学はいろいろ誤解されており、
左右の脳の機能が違うとか、
第二外国語は母国語を覚えてから習うべきだ、などという迷信がはびこっている。
今回の講義では、脳科学の基礎と最新の研究事情についてお話したい。

* どうぞ皆様、ご参加下さい。よろしくお願い致します。

申込・問合せ先/
都生研メール配信、文書発送などで詳細はお知らせしております
この頁をご覧になっての問い合わせは
講師・担当者個人ではなく、toseiken@jewel.ocn.ne.jp へお願いします。
【2012.10.13 Saturday 15:00】 author : toseiken
| 研修会(他団体主催) | - | - | - | - |
2012年10月13日(土) 神奈川県生物教育研究会 第2回研修会 「最新の脳にまつわる話題と高校生物教育」
 神奈川県生物教育研究会 第2回研修会

東京大学大学院の石浦章一教授をお迎えして、
先生のご専門である最新の脳科学の知見と
高校生物教育に関するお話をして頂きます。
21世紀は脳科学の時代とも言われますので、
脳にまつわる面白い話題や高校の授業でも使える話題など、
東大の講義の中でも学生の人気が高い先生ならでは内容です。

日時/10月13日(土)15:00〜17:00(予定)
場所/神奈川県立神奈川総合高等学校
交通/東急東横線「東白楽」駅下車 徒歩3分
    JR京浜東北線・横浜線「東神奈川」駅下車 徒歩8分
    京浜急行線「仲木戸」駅下車 徒歩10分
http://www.kanagawasohgoh-h.pen-kanagawa.ed.jp/standard/anna-zu3.htm

講師/東京大学大学院総合文化研究科 石浦 章一 教授

テーマ 「最新の脳にまつわる話題と高校生物教育」

石浦先生からのコメント
高校の生物学に足りないものは、脳科学、心理学、薬学の考え方であり、
ヒトの健康についての学問を加えた「生命科学」にようやく近づきつつあるというのが現状である。
また、生命倫理学やサイエンス・コミュニケーションも大切なものであり、
人間を主体にした生命科学が生物学に取って代わろうとしている。
その中でも脳科学はいろいろ誤解されており、
左右の脳の機能が違うとか、
第二外国語は母国語を覚えてから習うべきだ、などという迷信がはびこっている。
今回の講義では、脳科学の基礎と最新の研究事情についてお話したい。

* どうぞ皆様、ご参加下さい。よろしくお願い致します。

申込・問合せ先/
都生研メール配信、文書発送などで詳細はお知らせしております
この頁をご覧になっての問い合わせは
講師・担当者個人ではなく、toseiken@jewel.ocn.ne.jp へお願いします。

【2012.10.13 Saturday 15:00】 author : toseiken
| 研修会(他団体主催) | - | - | - | - |
2012年11月10日(土) 藤原ナチュラルヒストリー振興財団 4回シンポジウム「極限の世界の生き物たち」
藤原ナチュラルヒストリー振興財団
第4回シンポジウム「極限の世界の生き物たち」

藤原ナチュラルヒストリー振興財団では、来る11月10日(土)、国立科学博物館日本館講堂において、藤原ナチュラルヒストリー振興財団第4回シンポジウム「極限の世界の生き物たち」を、下記の通り開催いたします。

開催日が迫っておりますので、お早めにお申し込み下さい。

全文表示 "第4回シンポジウム開催のお知らせ(9/27 講演要旨追加)" »

【2012.10.13 Saturday 14:30】 author : toseiken
| 研修会(他団体主催) | - | - | - | - |
2012年10月13日(土) 国際科学オリンピックと日本の理数教育 公開シンポジウム 「国際大会を通して見る国際標準の高校科学と日本の高校カリキュラム」
 国際科学オリンピックと日本の理数教育
公開シンポジウム
「国際大会を通して見る国際標準の高校科学と日本の高校カリキュラム」

科学好きな高校生の活躍する国際科学オリンピック、
そこで取り組む課題は、日本の高校科学のカリキュラムとは大きな隔たりがあります。

本シンポジウムでは、科学オリンピック体験を持つ5名が、
各教科のギャップの状況、
ギャップ解消に向けて何をすればよいかを(ギャップ解消の要不要も含めて)考察し、


将来のより良い理科教育に資することを目指します。

日時/2012年10月13日(土)14:00〜17:00
場所/東京理科大学 神楽坂校舎 1号館17階記念講堂

登壇者/
板倉周一郎(文部科学省 基盤政策課長)
秋山 仁(東京理科大学教授/数学)
北原和夫(東京理科大学教授/物理学)
渡辺 正(東京理科大学教授/化学)
松田良一(東京大学教授/生物学)

主催/東京理科大学 総合教育機構 理科教育研究センター
後援/文部科学省、独立行政法人 科学技術振興機構

参加費無料

申込・問い合わせ先/
東京理科大学 総合教育機構 理科教育研究センター 事務局
03-5228-7330(fax) / E-mail: ridai-gakumu@admin.tus.ac.jp
※申し込みの際には、氏名、所属、連絡先、メールアドレス記載のこと。

【2012.10.13 Saturday 14:00】 author : toseiken
| 講演会・シンポジウム(他団体) | - | - | - | - |